So-net無料ブログ作成

花粉症の症状時の咳の特徴

スポンサードリンク




花粉症の症状と言うと、とは結びつかない感じがしますが、立派な花粉症です。
c9fe21600f32e032109d3a7b5b792d18_s.jpg
咳が出始めると風邪の諸症状かも?と思われがちですが、この時期は花粉症の方が多いです。

そもそも花粉症は一種のアレルギー反応で、花粉が喉に付着して起こるものなんですね。
それで咳が出るのは、その花粉の付着を防ごうとする働きがなのです。

そうしてる間に、花粉が取れないでいると、喉を痛めてしまいます。喉が痛いのはこのためなんですね。
この喉の痛みを防ぐには、加湿器等で部屋の乾きをとり、喉を潤すことが、必要になってきます。
マスクをするのもひとつの方法です。

のど飴、生姜湯なども効果があります。

とにかく喉を潤すことを考えましょう。それでも良くならないようでしたら、迷わず病院に行って治療してもらいましょう。
あれこれ市販の薬を使うよりも、病院で処方してもらっ薬のほうが効きますし、金額的にも安い場合があります。
046996.jpg

病院は何科に行けば良いのかと言うと、耳鼻咽喉科、や眼科になりますが内科でも大丈夫です。鼻水が止まらないような場合は耳鼻咽喉科、涙が出てどうしようもない場合は眼科とその症状にあった病院で診てもらうのがベストです。

花粉症は、突然なるケースもありますが、逆に治る場合もあります。

また咳については、風邪なのか?花粉症なのか?見分ける方法として一番わかり易いのは目の痒みがあるかどうかで判断できます。

個人差にもよりますが、花粉症でせきが出る場合は目の痒みも伴います。
この痒みがないようであれば、風邪の確率が高いです。
7078971979cbe394b77919b2dc31aef5_s.jpg
その次にわかりやすのは、喉の痒みと痛みです。
花粉症の場合は前述した通り、喉に花粉が付着した状態ですので、痛みというより痒みがあります。

この痒みがある場合は、ほぼ花粉症と思っていいでしょう。
要は目も喉も「痛み」より「痒み」で判断できます。

また、鼻水が出る場合は、その鼻水に色が付いているかどうかでも、
花粉症と風邪との判断材料になります。

無色透明の鼻水でしたら花粉症黄色っぽい鼻水で粘りっけがあれば風邪でしょう。

目、鼻、喉の症状である程度花粉症かどうか分かりますので、自分に当てはめて判断してみて下さい。


スポンサードリンク



タグ:花粉症 症状
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました