So-net無料ブログ作成
検索選択

血糖値を下げる食べ物って?

スポンサードリンク




突然すが、あなたは自分の血糖値をご存知ですか?

9627eaee1fc06b039f9f37ebee4cdcf9_s.jpg

血糖の基準値は、空腹時で70~110mg/dl未満
食後2時間の血糖は140mg/dl未満と言われています。

先日、健康診断を受けたのですが、その数値にビックリ!なんと、120mg/dlもあったんです。
今まですべて正常値でしたが、はじめての要再検で、かなりショックを受けました…orz

それで気になり、血糖値について私なりに調べてみました。

空腹時食後の血糖値は違ってきます。

検診などで、朝食を食べて血糖値の検査をやると、通常より高くなります。

最近の検査では、はじめに食事をしてきたかどうか、聞かれるところも多くなりました。


ba655071d5d697d756f30480a7dc54c5_s.jpg

健康な人でも血糖値は常に変動していて、特に食事前と後では大きな差がでます。

私たちは、食事をすると、体の中で炭水化物が分解され、ブドウ糖として吸収されます。

それで食後は、血糖値が高くなるのですね。

血糖値が高いといえば、糖尿病高血圧等の病気を思い浮かべます。


では、数値が低けりゃ良いかというとそうでもなく、基準より低ければ低いほど、
他の病気にかかる確率が高くなります。

ここで、血糖値が高いとなりやすい病気、低いとなりやすい病気を上げておきます。


■ 数値が高い場合

糖尿病、肝硬変、肝炎、甲状腺機能亢進症、高血圧、狭心症、心筋梗塞


■ 数値が低い場合


糖原病、高インスリン血症、インスリノーマ、肝臓がん、アジソン病、本能性小児低血糖症


などが考えられます。

ちなみに、空腹時とは、食事後9時間以上おいて計った血糖値を言います。

この数値は検診などでわかりますが、怖いのは隠れ糖尿病といわれるものです。
検査では正常と診断されていても、糖尿病になるケースです。

血糖値を下げる食べ物はありますが、それを守って正しい食生活を送れば大丈夫かと言えば、そうでもありません。

食事も大切ですが、食事以外でも血糖値が上がる場合があります。

たとえば、薬品は、ピル(経口避妊薬)ステロイド(副腎皮質ホルモン)を多用している人は要注意です。

これらの薬品には、血糖値をあげる副作用があります。

それから、睡眠不足、過度のストレス、体調がすぐれない時は血糖値も高くなります。

ダイエットでもそうですが、「太りやすいが痩せにくい!」と同じで、血糖値も「高くなりやすいが、下げにくい!」ものなのです。

参考までにGI値が低い食べ物のリストを載せておきます。
なお、GI値は60を基準としています。

※ GIとはGlycemic Index(グリセミック・インデックス)の頭文字を取ったもので、ブトウ糖を摂った時の上昇率を100として表されます 
gi_01.jpg
gi_02.jpg
gi_03.jpg
引用:血糖値を下げる食品を選ぶならバナナがイチ押し!

ただし、これさえ食べていれば大丈夫というわけではありません。
食後(30分から1時間後)の運動(ウォーキング、ジョギング)も、とても大切です。

すべてに言えることですが、バランスのとれた習慣が一番と言うことですね。

私も、食生活を見直し、くよくよ悩まず、適度な運動をして一刻も早く正常な血糖値に戻します。

あなたも、たとえ今、血糖値が高くなくてもこの記事のことを頭の隅に入れておくだけでも、

損はないと思います。お互いに健康体で、ステキな、楽しい毎日を過ごしたいものですね♪


糖のことを、いろいろと調べていたら、このようなものもあるようです。
ダスデスって成分がいいみたいです。

参考までにサイトを紹介しておきますね。
Screenshot_1.jpg




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。