So-net無料ブログ作成
検索選択

美味しい梅酒の作り方とは?

スポンサードリンク




e5562f327ea27b0fa29f413da02b25f4_s.jpg梅酒っておいしいと思いませんか?

って・・・

突然何を言い出すの?と、
思われているかもしれませんが

アルコールは、ほとんどバツな私が
唯一、梅酒だけは飲むことができるんです。


ところで、梅酒を作ったことはありますか?

今回は美味しい梅酒の作り方をお届けいたしますね。

ひじょ~~に、面倒です。(笑)

でもね、自分で作った梅酒はやっぱり、おいしいですよ。
ついつい飲み過ぎてしまいます。

良い出来だったので、はじめての梅酒作りの過程を書いとおくことにします。

まず、用意するもの。

・ 梅(これがないとはじまらない)

・ 氷砂糖

・ ホワイトリカー

・ ビン

・ 竹串 数本

以上が基本的な材料ですね。ちなみに私はひとつひとつ揃えたわけではありません。

梅酒を作るために、あらかじめビンにホワイトリカーが入っているものが売っています。
便利な世の中ですね~♪

私が使ったのは900mlのビンにはいったものです。写真載せておきますね。

R0010585.JPG

ここに梅と氷砂糖を入れ6ヶ月以上寢かせるだけです。

簡単でしょ?(笑)


ではここで、美味い梅酒作りに欠かせない、いくつかのポイントをあげておきます。

ポイントその1

梅を洗うときには、流水で、綺麗に、なおかつ、丁寧に洗います。
洗剤なんて使ってダメですよ!


ポイントその2

梅のアク抜きをする。
梅を洗い終わったら、すぐ拭かずに2時間程度たっぷりの水につけてアクを抜きます。この工程を省略してしまう人もいますが、ここは大切です。

このアク抜きをしないと苦味が残ります。市販の梅(梅酒用)は、特にこのアク抜きをしなくてもいいようです。


ポイントその3

アク抜き(省略可)したあとは、ひとつひとつ手にとって水気を拭き取ります。
ここは適当にやらないで、丁寧に水気を取ります。


ポイントその4

ヘタを取る。
水気と取った梅のヘタを竹串で取っていきます。
なぜ竹串なんでしょう?梅は金属を嫌うと言われているからだそうです。
ここで雑にヘタ取りすると、飲むときに、えぐ味が残りますので丁寧に取ります。


慣れないせいもあるのですが、梅のヘタを竹串で取るのが、ひと苦労です。(笑)

このヘタ取り次第で、市販の梅酒と家庭で作る梅酒の違いが出るのですね。

市販の梅酒は、機械で大量に生産しますのでヘタの取り方が一定です。

丁寧に手作業で行うことで、旨味が出てきます。ヘタを綺麗に取れば取るほど美味しくなると言うことです。

今回私の場合は、ヘタだけでなく、傷んでいた他の部分も一緒に取ったので、余計時間がかかったのかも知れません。


029548.jpgヘタさえ取ってしまえばコッチのもの(笑)

あとは梅と氷砂糖を入れれば、おしまい!です。

今回は、あらかじめ梅酒用のビンとホワイトリカーが一緒になっているものを使いました。

それぞれに準備する場合、ホワイトリカーはアルコール度数35度以上のものを使った方が良いとのことです。(酒屋さん談)

何故かというと、アルコール度数が低い(35度以下)と、発酵する確率が高くなるようなんですね。よく分かりませんでしたが、梅酒は発酵させてはダメなようです。

あとは涼しい暗所で6ヶ月から1年位じっと待つだけです。


参考になりましたでしょうか?

今回、私はヘタ付きの梅を使いましたが、次回からはあらかじめヘタを取ってある梅で作ってみようと思います。ビンは今回のを使うからホワイトリカーと氷砂糖だけはそろえないとですね。^^

ちなみに、使用した900mlでは量的に少ないです。

あっという間になくなりました。もっと大きい容器を用意したほうがいいかも知れません。(けして私は呑兵衛ではありません)^^;

取っ手や注ぎ口が回転したりと、便利な容器なんですけどね。

R0010593.JPG

梅酒の作り方や他のレシピも書いてあります。

R0010587.JPG

最後に、私が参考にしたムービーを載せておきますね。

梅酒の作り方【コメリHowtoなび】



使ったのはコレです。





スポンサードリンク



タグ:梅酒 作り方
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。